訓練内容

「個性・長所・強み」に着目し、「できた」という成功体験を積み上げて自信に繋げていきます。

二人三脚ご本人の”ストレングス(長所や強み)”に着目し、伸ばしていきます。

目指す方向、やりたいこと、長所は人それぞれ異なります。

おひとりおひとりの目指す方向のスタートラインに一緒に立ち、個々に合わせた訓練をカスタマイズ、支援員とともに二人三脚で進めて行きます。

また、”実践的な訓練”を積極的に取り入れ、「できた」という成功体験を積み上げて自信に繋げていきます。

プログラムの例

1.企画・実施してみよう

企画書ヒューライフでは利用者自身の個性・長所・強みを活かし、『企画立案→実施→振り返り』と実践的な訓練を行っています。

個性・長所・強みを活かしながら「成功体験」を積み上げていくことで、自信に繋げていきます。

実施された企画の例

  1. 料理教室
  2. 料理が得意な利用者がメニューを考案して料理教室を開催しました。

    中でも限られた予算の中での仕入れは本当に大変ですが、材料計算や買い出しも利用者が行いました。
    料理1料理2

  3. アロマワックスバー教室
  4. ものづくりが大好きな利用者3人が集まり、アロマワックスバー教室を開催しました。

    限られた予算の中で、どういった内容にするか話し合い、役割分担しながら進めました。

    この企画は、”書類作成が得意な方”、”デザインが得意な方”、”ラッピングが得意な方”が中心になって実施し、それぞれの得意なことを活かして実施しました。
    アロマワックスバーラッピング

この実践的な訓練では、

  • 一つの企画の提案から実施に至るまで、またその後の振り返りを通して一連のフローが学べます。
    (提案書、企画書、見積書、稟議書、報告書などの文書作成、PCスキルの向上)
  • プレゼンによりアウトプット力を高められます。(自己PR力に繋がります)
  • 仕事に必要なコミュニケーション能力の向上になります。
  • 振り返りでは、新たな気づきや次への課題などの発見、できたことの自信、料理が好きであることの再認識、料理関係の仕事に就きたいという目標設定ができます。

2.MOS(マイクロソフトスペシャリスト)の資格を取りたい

企画書MOS(マイクロソフトスペシャリスト)試験とは、Excel(エクセル)やWord(ワード)、PowerPoint(パワーポイント)などのMicrosoft Office(マイクロソフト オフィス)製品の利用スキルを認定するパソコン資格です。

現在、仕事でパソコンを使いこなすことは社会人の基本となっており、パソコンスキル必須の就職を考えている方に最適な資格です。

ヒューライフでは、パソコンの使用経験がない初心者に対しても、個別にサポートいたします。

習得スピードを気にせずに、個々のペースで学ぶことができます。

3.ウェブサイトを作りたい

企画書自分の描いたイラストのポートフォリオ(作品集)を作りたい、ウェブサイト作成の仕事に就きたい、という方に対しては、HTMLやCSS、WordPressの習得に向けて個別にサポートをいたします。

ヒューライフでは、個々のニーズに応じて習得スピードを気にせずに自分のペースで学ぶことが出来ます。

4.他の利用者と関わりながら、仕事や生活に必要なスキルを習得したい

ヒューライフでは、利用者同士の関わり合いを大切にするため、グループワークを実施しています。

3~4人の少人数で開催するミニワークもあれば、10人程度の大人数で開催するグループワークもあります。

※参加は強制ではなく、”自由参加”となっています。
グループワークのイラストヒューライフのグループワーク