03-6801-8930受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

相談・見学・体験の申し込み

 

 

①就職率が高い!!

あなたの希望に合う就職先を一緒に考えます。

②伴走支援型です!!

あなたの長所に合った就労支援プログラムを作ります。

③地域密着型です!!

あなたの地元の必要な福祉サービスや施設と繋がります。

このようなお悩みを持つ方にご利用いただいてます。

  • 自由度のある環境で訓練したい
  • 自分の希望する仕事に就きたい…
  • 週1回から通ってみたい
  • どんな仕事が向いているのか分からない…
  • 仕事が長続きしない、自信が持てない…
  • コミュニケーションが苦手…

ヒューライフの理念

ヒューライフでは、「IPS援助付き雇用」の考え方を取り入れて支援を行っています。

利用者と支援員IPS(Individual Placement and Support:個別就労支援プログラム)とは、本人の「働きたい」という希望が、就労できるという前提のもとに、その意思を尊重し、その人の「個性」「長所」「強み」を活かした個別計画を、支援者と同伴的に行っていく就労支援モデルです。

 

「個性・長所・強み」に着目し、「できた」という成功体験を積み上げて自信に繋げていきます。

二人三脚 ご本人の”ストレングス”に着目し、”リカバリー”に繋げていきます。

    • ストレングス:

長所、得意なこと、強み。

    • リカバリー:

病気や障害によって失ったものを回復すること。
失ったものには、機能だけでなく、自尊心、生活、人生なども含まれます。

目指す方向、やりたいこと、長所は人それぞれ異なります。

おひとりおひとりの目指す方向のスタートラインに一緒に立ち、個々に合わせた訓練をカスタマイズ、支援員とともに二人三脚で進めて行きます。

また、”実践的な訓練”を積極的に取り入れ、「できた」という成功体験を積み上げて自信に繋げていきます。

支援例

1.個別面談の実施

個別面談ヒューライフでは、「心の声をじっくりと聴くこと」を大切にしています。
おひとりおひとりと何度も面談を重ね、信頼関係を築くことに重きを置いています。
お互いの心の扉を開き、支援員がどのような人間であるのかも理解していただきながら、目指す道に安心して進むためにサポートいたします。
※「オンライン個別面談」や「電話個別面談」も実施中です!

2.自己理解・特性理解のサポート

自己理解就労を目指すためには、自己理解や特性理解が不可欠です。
これまでの経験を振り返り、自身の価値観や興味、能力を整理できるようサポートをいたします。
また、自身の障害特性を理解し、対処方法を身に付けられるようサポートいたします。

3.職種研究・業界研究・企業研究のサポート

企業研究就労を目指すためには、自己理解と同じくらいに企業のことを知ることは大切です。
憧れや先入観だけで企業を判断してしまったら、就職後、ミスマッチが起こることがあります。
そうならないためにも、情報収集を行い、仕事のイメージが具体化できるようサポートいたします。

4.応募書類作成のサポート

履歴書就職活動を進める上で、大切なポイントとなる履歴書と職務経歴書。
これら応募書類は、分かりやすく、そして、自分をアピールする内容となるよう作成する必要があります。
ヒューライフでは、履歴書・職務経歴書の他、自身の障害について企業側に理解していただくための書類や送付状についてなど、その人その人に応じてきめ細やかにサポートいたします。

5.面接対策のサポート

面接実際の面接を意識した模擬面接を行います。
面接が終わった後には振り返りを行い、良かった点と改善点をフィードバックし、就職活動に活かせるようサポートいたします。
また、実際の面接に支援員が同行することもあります。
その際は、ご本人だけでは伝えきれなかった部分を、支援員のほうからアピールポイントとして企業に伝えます。

 

プログラムの例

1.ピアスタッフ育成プログラム

ピアスタッフ育成プログラム
ヒューライフでは「ピアスタッフ育成プログラム」を行っています。
ピアスタッフとは「精神障害当事者(発達障害含む)で自らの経験を活かして、対人支援を仕事とする人たち」のことです。

 

 

2.こころのワーク

こころのワーク 「こころのワーク」では、ストレスに強くなる考え方や行動を習得したり、ストレスの対処法を身につけることを目指しています。
具体的には、

  • 認知行動療法の考え方を用いて「自動思考・認知の修正」
  • 短所を長所に変換する「リフレーミング」
  • 自他尊重の自己表現といわれる「アサーション」
  • ストレス対処法を考える「ストレスコーピング」
  • 不安や怒りのコントロールについて考える「感情のコントロール」

など。

3.ビジネススキルのワーク

ビジネススキルのワーク 「ビジネススキルのワーク」では、ビジネスシーンでの円滑な業務遂行のための“ビジネスマナー”や、“コミュニケーションの技術”の習得を目指します。
また、自ら考え自ら行動する力や、チームで働く力といった“社会人基礎力”を養うためのプログラムも用意しています。

 

 

4.MOS(マイクロソフトスペシャリスト)の資格を取りたい

エクセルに取り組んでいる人 MOS(マイクロソフトスペシャリスト)試験とは、Excel(エクセル)やWord(ワード)、PowerPoint(パワーポイント)などのMicrosoft Office(マイクロソフト オフィス)製品の利用スキルを認定するパソコン資格です。
ヒューライフでは、パソコンの使用経験がない初心者に対しても、資格取得まで個別にサポートいたします。
習得スピードを気にせずに、個々のペースで学ぶことができます。

5.ウェブサイトを作りたい

エクセルに取り組んでいる人自分の描いたイラストのポートフォリオ(作品集)を作りたい、ウェブサイト作成の仕事に就きたい、という方に対しては、HTMLやCSS、WordPressの習得に向けて個別にサポートをいたします。

 

6.企画・実施してみよう

企画書ヒューライフでは利用者自身の個性・長所・強みを活かし、『企画立案→実施→振り返り』と実践的な訓練を行っています。

 

卒業生の就職先

  • 官公庁・市役所 
  • 障害者支援施設のピアスタッフ(当事者スタッフ)
  • 高齢者施設の介護職・事務職
  • アニメーションの企画・制作会社
  • 高級ホテルのレストラン
  • ソフトウェア開発の企業
  • 情報通信系の企業
  • 航空会社

その他、人それぞれの個性・強みを活かし、就職されています!

利用者様の声

Aさんの声

最初に福祉の道を目指したいということを、通院先の支援員の方に相談したところ『ヒューライフ水道橋キャリアセンター』を紹介されました。
見学に行ってみると、今までに通所したことがある就労移行支援とは全然ちがいました。
以前に通所していた就労移行支援では、1限目は〇〇、2限目は〇〇というように、学校みたいに決められたプログラムをひたすらにこなす感覚でした。
ところが、『ヒューライフ 水道橋キャリアセンター』では、IPS(Individual Placement and Support:個別就労支援プログラム)という方法を取り入れて、一人一人の目標に沿った課題に取り組む方法を行っております。
自分自身、『ヒューライフ 水道橋キャリアセンター』通所中に介護職員初任者研修を受講し、受講している間は、そこで与えられた課題を行っておりました。
『ヒューライフ水道橋キャリアセンター』ご協力のもと、無事に介護職員初任者研修の修了テストに合格致しました。
今現在は、介護業界だけにとらわれず、福祉全般に目を注いで就職活動に励んでいます。
最後に、『ヒューライフ 水道橋キャリアセンター』に通所していなければ、今の自分はなかったと思います。

Bさんの声

「あなたはできるよ」
ヒューライフに入所する時、長く就労から遠ざかり、自信をなくし、自己を否定する私に、ヒューライフのスタッフがかけてくれた言葉です。
毎日のようにこまめに面談を重ね、やりたいこと、できること、キャリアの棚卸しなどの確認作業を一緒にしていく過程で、「あなたはできるよ」という肯定の言葉が、常に私の背中を力強く押し続けてくれました。
始め週1日しか通所できない私は、温かくサポートしてくれるスタッフと明るく支えあうメンバーさん達がつくる和やかな雰囲気の中で、生活のリズムも整い通所日数を増やすことができ、就労が現実的なものとなってきました。
スタッフが探してきた、私の希望する職種、働き方にあった職場実習(インターン)を何か所も体験したり、スキルアップのための外部研修に参加する機会ももらいました。
そうした体験により、働ける自信を持てるようになりリカバリーに向け、大きく前進しました。
今度は、私からヒューライフのスタッフたちへ今の気持ちを伝えます。「私はできるよ」と。



Ans:
福祉サービスなのでほとんどの場合は免除になりますが、前年の収入により自己負担が発生する場合があります。

生活保護を受給されている世帯 0円
前年の所得が125万円未満の世帯 0円
前年の所得が125万円以上600万円未満の世帯 9,300円
前年の所得が600万円以上の世帯 37,200円

※ご利用料金は、厚生労働省の障害福祉サービスの「障害者の利用者負担」に基づいています。


Ans:
手帳をお持ちでなくても、自立支援医療等と同様の基準でサービスを受けることができます。
(障害者採用での就職を目指す場合には、利用開始後に手帳申請が必要となります。)


Ans:
はい、可能です。
個人のペースを配慮し、通所時間や日数の希望を聞いてから決定します。


Ans:
基本的なスキルから学ぶことができるので、ご安心ください。


Ans:
最長で2年間ご利用いただけます。
就職が決まると卒業になります。


Ans:
18歳~65歳未満の発達障害、統合失調症、双極性障害、うつ病などの症状のある方々にご利用いただいています。


Ans:
就職後に、就職先の企業等と一緒に作成する定着支援計画により異なります。
ご希望もお聞きしながら計画を作成しますので、ご安心ください。
65歳未満の発達障害、統合失調症、双極性障害、うつ病などの症状のある方々にご利用いただいています。

ご利用の流れ

ご利用の流れは、主に図のようになっておりますが、人によって異なります。

ご利用のフロー

       

所在地:東京都文京区本郷2-4-7 大成堂ビル3F

◆JR 水道橋駅徒歩10分 / 都営三田線 水道橋駅 徒歩9分
◆JR 御茶ノ水駅徒歩15分 / 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 徒歩13分

PAGE TOP
MENU